赤ちゃん乾燥肌

その乾燥肌対策ちょっと待って!赤ちゃんのほっぺたケア

赤ちゃんのほっぺは放っておくと、すぐにザラザラしたり、
赤くなってしまいますよね。

 

ママのクリームが手に余ったし、ついでに赤ちゃんに・・・
試供品の乳液、たまっちゃったし赤ちゃんに・・・

 

というのはちょっと待ってください!!

 

 

ママ用化粧品の保湿成分には、「ハリ」、「潤い」、「美白」・・・

 

そういった成分が含まれていることが多いですよね。

 

使い心地はクリームなのにサラサラで、
一晩で乾燥肌がもっちりスベスベに潤う♪

 

とても使い心地がいいけれど、その化粧品
『合成界面活性剤』入っていませんか?

 

 

 

成分をよく確認せずに赤ちゃんにも塗ってしまうと
せっかくのお肌がボロボロになる危険性があります。

乾燥しはじめる季節になると・・・・

化粧品コーナーには潤いを与えてくれるクリームや乳液が
選びきれないほど並びますよね。

 

とりあえず1個は持っておきたい化粧品アイテムですが
赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。

 

 

 

【原理】

 

合成界面活性剤でお肌のバリア機能を破壊

 

          ↓

 

肌の中に水を埋め込み、合成ポリマーで蓋をする
(角質層が水ぶくれみなり、肌の表面が合成ポリマーで覆われる)

 

 

効果として、一時的にお肌のハリ、潤いが感じられます。

 

 

 

肌に侵入した合成界面活性剤や表面の合成ポリマーが
完全に肌から抜けていくのに10日程かかります。

 

 

つまり、10日位で使用を中止した場合・・・

 

顔がカサカサ、しわしわになってしまいます。

 

 

 

 

合成界面活性剤とは、どんどんお肌を破壊し続けるものなのです。